中国政府が認定した11種類の健身気功について

中国政府が認定した11種類の健身気功について

政府が認定した気功について
下記に記載します。

1998年10月公布となります。

国家関係部門の審査・認定を経て、11種類の健身気功が正式に公布された。

中国の健身気功は広く大衆に伝えられ、膨大な数の人々が鍛練を行っている。ただし、統一的な管理が不足しているため、健身気功も玉石混交であり、鍛練する価値の低いもの、多くの人々を集めて封建的な迷信を吹き込むものもあり、管理しなければならない状況になってきた。

今回の健身気功の審査・認定は、気功の元編成者の戸籍所在地において審査・決定され、国家体育総局武術管理センターによる最終評価に基づいて公布される。

すでに、第一次公布された11種類の健身気功は、華夏智能功、厳新気功、郭林新気功、馬礼堂養気功、大雁功、虚霊功、慧明功、心功、盤山陰陽功、幸福功と元極功。そのうち北京での申告・認定は、厳新気功、郭林新気功、馬礼堂養気功と大雁功の4功法である。(『北京晩報』1998年10月8日号掲載)

イメージ 1
政府が認定した気功について

この記事へのコメント