健康法 気功と健康法

健康法 気功

気功と健康法・・
健康法とは健康を保つ方法ですが、気功も健康を保つ目的として非常に有効な手段となります。


以下、健康法について

健康法 (けんこうほう) とは、健康を保つことを目的として日常的に行なわれる行為や方法のことである。
体操の類、自分で行うマッサージの類、意識的な食事の習慣、(短気にならない、怒らないなどの)心の持ち方、あるいは瞑想の習慣、生活習慣全般など、その範囲は多岐に及ぶ。その効果は千差万別である。

健康法の歴史
江戸時代中期、貝原益軒は養生訓にて「身をたもつ」という表現を利用し、日常の中で健康に生きるすべを説いた。
1974年には、カナダから、健康には(それまで欧米で想定されがちであった)生物医学的な要素よりも、むしろ環境的な要因や個人の行動そして生活様式が重要な要素である、という報告がもたらされ、健康づくりの重要性が認識される流れが生まれ、現在まで続いている。
1985年、厚生省は、「健康づくりのための食生活指針を策定した。
2004年5月には、非伝染性疾病のもたらす世界的な脅威への世界的対策として、食事と運動、健康についての世界戦略が提唱されている。
2006年、厚生労働省は、国民の生活習慣病予防のために「健康づくりのための運動指針2006」を策定した。

健康法の具体例として気功もその1つとして挙げられています。

イメージ 1
健康法 気功と健康法


この記事へのコメント