気とは

気とは 一概に気といっても何のことだか・・という感じであろうかと思います。 ここでは気について記載してみます。 気(き)とは、中国思想や道教や中医学(漢方医学)などの用語の一つ。一般的に気は不可視であり、流動的で運動し、作用をおこすとされている。しかし、気は凝固して可視的な物質となり、万物を構成する要素と定義する解釈もある。宇宙生成論や存在論でも論じられた。 中医学における気の利用 中医学…

続きを読む

気功の分類について

気功の分類について 気功の分類について記載します。 一般的には大きく2種にわかれます。 気功は、主に体内に「気」を循環させ「気」の質やコントロールする能力を高める内気功と、身体に必要な「良い気」を外から体内に入れ、身体に合わない「悪い気」を体外に排出させるなど「気」の積極的な交換を行う外気功とに大別される。ある種の気功師による外気功は、ときに超能力的なものとして捉えられる場合もある。また、美…

続きを読む

日本・台湾の気功の状況について

日本・台湾の気功の状況 さて今回は日本と台湾ではそれぞれどのように気功が発展しているのか確認してみましょう。 日本や台湾では中国と交流が深く、中国国内(香港)のような規制がないため、気功各派の自由な交流があり、武術、健康法や民間体育、各国の伝統療法、現代の臨床心理療法などとも結びつきながら、様々に深化発展している。 中国、日本、台湾ではそれぞれ気功が親しまれ、発展していることがわかります。…

続きを読む

世界医学気功学会の概要

世界医学気功学会の概要 今日は世界医学気功学会の概要についてです。 世界医学気功学会は1989年11月16日に設立されています。 気功が発祥した中華人民共和国の政府から世界で唯一認められている医学気功の振興と研究のための学会。 全世界で20数カ国の気功師と気功を研究する医師や科学者、気功の愛好者が参加している。 本部:中国北京 北京中医薬大学内 世界医学気功学会の主催会議 第六回医…

続きを読む

大雁功 政府が認定した気功とは

大雁功 政府が認定した気功とは 大雁功について下記に記します 大雁功(だいがんこう)は、中国での道教や仏教の聖地として名高い峨眉山で発祥したとされる、数千年の歴史を持つ外気功の気功法である。中国で最も尊敬されている気功師のひとり、楊梅君(ヤンメイジュン)大師によって伝えられた。 数千種類の気功があると言われる中国において、政府が1998年に審査・公認し、公布した11種類の健身気功の1つであ…

続きを読む

中国政府が認定した気功 一指頭禅

中国政府が認定した気功 一指頭禅 一指頭禅の内容について下記に記します 一指頭禅(いっしとうぜん)とは、指の先に気を集中させる気功のことである。派によって、さまざまな一指頭禅が伝えられている。たとえば中国のある仏家気功においては、入門希望者の資格試験として行われる。師は、だまって親指を一本立てて入門希望者に見せる。入門希望者は、親指の周囲の気の形を答える。つまり気の形が見えるものは…

続きを読む

中国政府が認定した11種類の健身気功について

中国政府が認定した11種類の健身気功について 政府が認定した気功について 下記に記載します。 1998年10月公布となります。 国家関係部門の審査・認定を経て、11種類の健身気功が正式に公布された。 中国の健身気功は広く大衆に伝えられ、膨大な数の人々が鍛練を行っている。ただし、統一的な管理が不足しているため、健身気功も玉石混交であり、鍛練する価値の低いもの、多くの人々を集めて封建的な迷信…

続きを読む

中国での気功の状況

中国での気功の状況 中国での気功の状況を調べました。 以下の通りです。 気功の基本は、心身のリラックスにある。中国語では体のリラックスのことを「放鬆」(ほうしょう)、心の安定した状態を「入静」(にゅうせい)と言っていて、両者を合わせた「鬆静」(しょうせい)状態が気功を行なうときの基本となっている。心身が安定してゆるんでいる状態で、動作、呼吸法、イメージや瞑想を用いて、総合的に心身の自己コン…

続きを読む

気功の基礎

気功の基礎 気功(きこう)は、狭義には中華人民共和国で編纂された中国伝統の各種養生法を中医学に基づき再編した健康法である。 1957年に劉貴珍が『気功療法実践』を著し、気功という名が一般に定着した。 気功には色々は種類・方法があるのでぜひ色々学んでください。

続きを読む